La Becasse

Memory

Memory

料理における香りの重要性

料理の味覚を決めるのは意外なことに、味そのものではなく香りなのだそうです。以前に面白い実験の話を聞きました。目隠しをして鼻を摘まむとレモンジュースを飲んだのか、オレンジジュースを飲んだのか区別が付かないというのです。この…

→ 詳しく見る

スパイス、ハーブなどによる料理の広がり

私が日本を後にした1980年当時、カレーを食べても今流行りのスパイスカレーのようなものはなく、混合のカレー粉を使ったものがほとんどで、クミン、コリアンダー、クローヴといった単独のスパイスには一般人は馴染みがなかったでしょ…

→ 詳しく見る

フランス料理の変わらない風味

スパイスなどの輸入文化で変化をつづけるフランス料理ですが、一方で地方に根付いた変わらない風味もあります。南仏に顕著ですが、アンチョビを使ったアンショワイヤードやタップナード、ニンニクを使ったアイオリソースやルイユといった…

→ 詳しく見る

面白い素材との出会い

「アラン シャペル」のあったミヨネーと同じ、ローヌアルプ地域、アン県にドンブ湿地帯というところがあり、かつてカエルが沢山獲れました。他にも鯉や川カマスなど独特の食材の宝庫です。 フランスではカエルが大変な高級食材でレスト…

→ 詳しく見る

エスカルゴはなぜ有名に?

変わった素材ということで言えば、いま出たザリガニも日本では食べる習慣のなかったものですが、エビ・カニの仲間で美味しくて当然。食べることに不思議はないのです。 ところが日本で有名なエスカルゴ。これは不思議です。 ビストロ料…

→ 詳しく見る

フランス料理の追究心

食べにくいものをなんとか工夫して美味しくしてしまうというのは、エスカルゴに限らずフランス料理の古くからの精神の一つかもしれません。ジビエの時に少し触れた“リエーヴルロワイヤル 野兎の王家風”などはその代表です。野原を駆け…

→ 詳しく見る